人気ブログランキング |

引越して、新しい病院へ


引越し前に、以前の先生に紹介状まで書いてもらっているのにも関わらず
自立支援制度の病院と薬局の変更とかが面倒臭くて、ついつい新しい病院へ行かなかった。

ストラテラも無くなっているのに1ヶ月は放置したわけで、
薬を飲む前の症状の自分に戻りつつあり、ああ、このままではやばいと思い、やっと家の近くのクリニックを予約。


薬が切れるとこんなにも自分は時間に守れない、多動性、注意欠落性、衝動性・・・などがあるのか。と
幸いにも改めて実感できた期間だった。
一番良くないのは、どんどん自己肯定感が無くなっていき、自分を責めだし、辛くなっていた。


新しく行ったクリニックは発達障害に特化している先生ではないが、以前よりはおだやかな年配の先生だった。
そのクリニックは毎回、待っている間、今の自分の状態を5段階で書くチェックリストをやらされる。
毎回同じこと質問されているのに、同じにならないのが不思議だ。


新しい先生には
「ストラテラは、ずいぶん飲んでましたね。最大量ですよ。」と、言われた。
そのくらい症状が酷いんだから仕方無いんだろうな。と思った。
最大量にも関わらず、いきなり飲み忘れの時期があったなんて、
駄目な私だなぁ、怒られないかなぁ、と不安に思ったけど、先生は怒ったりしなかった。


先生と相談し、以前よりストラテラの量をちょっとだけ減らし、不安障害の為の薬も飲んでいたのだが、無くすことに。
ちゃんと私の状態を聞いて、薬の量を考えてくれる、診察の時間もゆったりとってくれるし、付かず離れずの良い先生だ。
引越し先でも良い先生に出会えてよかった。







by marin_adhd | 2019-11-01 23:34